Avast Antivirus の有料版と無料版の機能比較

ご存知の通り、Avast 製品には、無料版と有料版があります。シールドや機能の単位で、どの機能がどのエディションに搭載されているのか、各機能の簡単な紹介とともにまとめます。


1 比較表

比較表はAvast 公式のウェブサイトにもありますが、シールド単位での比較はなかったようなので作りました。凡例は下記のとおりです。

◎=全機能が利用可能
○=基本的な機能が利用可能
△=スキャンのみ
×=利用不可

No. シールド名・機能名 Avast Free Antivirus Avast Internet Security Avast Premier Avast Ultimate
1 ファイルシールド
2 ウェブシールド
3 メールシールド
4 挙動監視シールド
5 レスキューディスク
6 Wi-Fi の検査
7 Avast Online Security
8 Avast SafePrice
9 ゲームモード
10 ブラウザ・クリーンアップ
11 ソフトウェア アップデーター
12 パスワード
13 リアルサイト ×
14 サンドボックス ×
15 ファイアウォール ×
16 アンチスパム ×
17 機密データシールド
18 ランサムウェアシールド ×
19 ウェブカメラシールド × ×
20 データ抹消 × ×
21 クリーンアップ
22 セキュアライン × × ×

※Avast Ultimate は、Avast Premier に、Avast Passwords、Avast Cleanup、Avast SecureLine の3製品を同梱したものです。

2 各機能の簡単な紹介

上の比較表で紹介した各種機能について、簡単に解説します。

1 ファイルシールド

ファイルの読み取り・書き込み・実行のそれぞれのタイミングで、当該ファイルにマルウェアがいないかを検査します。

2 ウェブシールド

ブラウザなどによるインターネットとの通信を監視し、やり取りされるデータ中にマルウェアがいないかを検査します。

3 メールシールド

メールソフトによるメールの送受信の際に、メール本文や添付ファイルにマルウェアがいないかを検査します。

4 挙動監視シールド

プログラムの実行中の動作を監視し、不審な挙動があれば警告します。

5 レスキューディスク

マルウェアによってWindows が起動できない場合などに、CD/DVD やUSBメモリからAvast を起動できる起動ディスクを作成し、駆除を試みます。

6 Wi-Fiの検査

家庭内のネットワーク機器の脆弱性をチェックし、問題があれば警告します。Wi-Fi に限らず、有線LANも対象です。

7 Avast Online Security

ブラウザに導入するアドオンで、ウェブサイトの評価の表示、フィッシング詐欺の警告、打ち間違えたURLの訂正等を行います。

8 Avast SafePrice

ブラウザに導入するアドオンで、ショッピングサイト等で買い物をする際に、より安い値段の商品があるかを検索して表示します。
主に海外向けで、日本国内のショッピングサイトではあまり機能しません。

9 ゲームモード

ゲームの実行中にAvast やその他のソフトからの通知を抑止し、ゲームが中断されないようにします。また、処理能力の配分をゲーム優先に見直し、ゲームのパフォーマンスの向上を図ります。

10 ブラウザ・クリーンアップ

ブラウザに、評判の悪いアドオンが入っていないかを検査し、入っていた場合には駆除を試みます。

11 ソフトウェア アップデーター

Flash Player やAdobe Reader、Java など、脆弱性を狙われやすいソフトウェアの更新を促します。
プレミア版以上では、これらソフトウェアを自動更新することも可能です。

12 パスワード

暗号化された安全なデータベースにパスワードを保存し、ブラウザ上でパスワードの自動入力を行います。また、パスワード以外の秘密情報を格納することも可能です。
有料版では、1クリックでのログイン機能や、パスワードの流出を監視して警告する機能などが利用できます。

13 リアルサイト

Avast が提供する安全なDNS サービスを利用することで、DNS ハイジャックによる詐欺サイトへの転送などを防止します。

14 サンドボックス

アプリを安全な隔離環境で実行できます。ブラウザをサンドボックス化すると、仮にブラウザ経由でマルウェアの攻撃を受けても、影響を極小化できます。

15 ファイアウォール

アプリ単位でインターネットへのアクセス許可を設定し、不正な通信を遮断します。

16 アンチスパム

スパム(迷惑メール)を識別し、自動で迷惑メールボックスに振り分けたり、特定の目印を付加してユーザー側での振り分けをしやすくしたりします。

17 機密データシールド

税務書類等の機密データを検索し、それらファイルに対するアクセスを制御します。
日本語に非対応のようで、日本ではほぼ機能しません。

18 ランサムウェアシールド

あらかじめ保護すべきフォルダやファイルを指定しておき、それらファイルに対して不審なアクセスがあった場合に警告を発します。ランサムウェア(ファイルを暗号化してしまうマルウェア)が各種シールドで検知できなかった場合の、最後の砦の役割を担います。

19 ウェブカメラシールド

ウェブカメラへの許可されていないアプリからのアクセスをブロックし、ウェブカメラによる意図せぬ盗撮を防ぎます。

20 データ抹消

ファイルを復元不能な形で削除します。

21 クリーンアップ

不要なファイルの削除、常駐アプリの無効化、不要なレジストリ項目の削除などを通じて、コンピュータのパフォーマンス向上を図ります。

22 セキュアライン

Avast が提供するVPN サービスで、通信の暗号化、接続元の秘匿等により、ユーザーのプライバシー保護や利便性向上を図ります。


本日は以上となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策) Needs some Japanese text for SPAM prevention.